独占試写会 開催のお知らせ

下記の東洋経済オンライン独占試写会ご招待の募集は終了いたしました。

総合監修は『万引き家族』の是枝裕和監督新鋭監督5人が描く、10年後の日本の未来

高齢化、AI教育、原発、デジタル社会、徴兵制――誰も知らない、10年後の日本。これは本当にフィクションなのか、これから起こり得る現実なのか。

『万引き家族』でのパルム・ドール受賞が記憶に新しい是枝裕和監督の最終ジャッジのもと、脚本のクオリティ・オリジナリティ・将来性を重視して選ばれた新鋭監督5人が描く、5つの未来とは?杉咲花、國村準、太賀、川口覚、池脇千鶴を主演に迎えた、短編オムニバスの社会派作品です(東洋経済オンライン記事是枝監督が映画「十年」に積極関与した背景を参照) 。

私たちが見ている「今」と、5人の新鋭監督が見ている「未来」から、この先の『十年』を考えてみませんか?

11月3日(土)の公開に先立ち、この映画の試写会を、東洋経済オンライン読者だけの貸切会場で開催いたします。皆さまのご応募をお待ちしております。

トークセッション開催決定!

映画『十年』プロデューサー・高松氏にご登壇いただき、制作秘話をお話しいただきます。

高松美由紀氏 Miyuki Takamatsu
代表取締役 CEO
1973年生まれ、兵庫県出身。アメリカ・マサチューセッツ州のStonehill CollegeにてB.A.取得後、そこで黒澤明監督の『羅生門』を観て、日本映画の素晴らしさと同時に映画業界に興味を持ち帰国。その後、大小様々な映画の宣伝に従事、(株)TBSテレビコンテンツ事業部にて日本映画の海外セールスを経験し、2013年に(株)Free Stone Productionsを立ち上げる。

モデレータ:宇都宮徹 Toru Utsunomiya (東洋経済 記者)

『十年 Ten Years International Project』について

香港発の短編オムニバス作品『十年』は、2015年公開当時、単館系で大ヒットを記録。社会現象となったこの問題作を元に、日本、タイ、台湾それぞれで2016年に始動したプロジェクトです。

本イベントは、“今日より明日を良いものに”をコンセプトとした東洋経済オンラインの新イベントシリーズ「東洋経済オンライン TREND CAMP」の特別企画です。

プレゼント内容

東洋経済オンライン独占試写会ご招待 ※応募時に、1名様/2名様のいずれかをお選びいただけます。

上映作品

『十年 Ten Years Japan』

2018年11月3日(土)より、テアトル新宿、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開

©2018 “Ten Years Japan” Film Partners

開催日時

2018年10月24日(水)
18:00開場/18:30開映予定(上映時間99分)

会場

東京都中央区の試写室 ※場所の詳細は当選メールにてお知らせします。

ご招待人数

抽選70名様

応募締切

2018年10月15日(月)

応募条件

  • 当選の皆さまには、10月17日(水)前後に登録メールアドレス宛にメールで連絡いたします。このメールをもちまして当選発表に代えさせていただきます。
  • 関係者各位のご応募は抽選対象外となります。
  • 本キャンペーンは(株)東洋経済新報社による提供です。