独占試写会 開催のお知らせ

下記の東洋経済オンライン独占試写会ご招待の募集は終了いたしました。

段ボールがつなぐ、温かい交流の記録世界が注目!
<段ボールアーティスト>島津冬樹の新感覚ドキュメンタリー

荷物が届いたら、ほとんどが捨てられてしまう「段ボール」。この、誰もが見向きもしない段ボールに、純粋な愛と情熱をかたむけているのが、島津冬樹氏です(東洋経済オンライン記事「旅するダンボール」は、心温まる記録映画だを参照) 。

島津氏は、世界30カ国で拾い集めてきた段ボールを、デザイン・機能性を兼ね備えた「段ボール財布」に生まれ変わらせている、世界でも注目のアーティスト。この映画は、“徳之島産のジャガイモ”段ボールの源流をたどる彼の旅を追った、3年間のドキュメンタリーです。旅の途中で出会う人々の温かさに触れたとき、あなたの段ボールや落ちているゴミ、そして身の回りのガラクタたちに対する見方が変わるはずです。

「段ボール財布」を通して、リサイクルや再利用の概念のさらに先を行く、世界が注目し実践する「アップサイクル」に触れてみませんか?

12月7日(金)の公開に先立ち、この映画の試写会を、東洋経済オンライン読者だけの貸切会場で開催いたします。皆さまのご応募をお待ちしております。

島津冬樹さん&岡島龍介監督による
上映前舞台挨拶&上映後トークショー開催決定

島津冬樹氏 Fuyuki Shimazu 段ボールアーティスト
1987年、神奈川県生まれ。2012年多摩美術大学情報デザイン学科卒業。2015年、広告代理店を経てアーテイストヘ。「不要なものから大切なものへ」をコンセプトに、2009年より段ボールから財布を作るCartonをスタート。日本のみならず、世界30ヵ国を周り、段ボールを集めては財布を制作、コレクションしている。国内外での展示やワークショップも多数開催している。

岡島龍介監督 Ryusuke Okajima 監督・撮影・編集
宮城県出身。日本でオンライン/オフラインエディター&番組ディレクターとして活動後、ロサンゼルスでフリーランスの工ディター&ディレクターとして活動。2015年に日本へ拠点を移し、自身初となる長編ドキュメンタリー映画『旅するダンボール』は、初監督作ながらSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2018、ドキュメンタリー・スポットライト部門に正式出品された。

モデレータ:汐巻裕子氏Yuko Shiomakiプロデューサー

プレゼント内容

東洋経済オンライン独占試写会ご招待 ※応募時に、1名様/2名様のいずれかをお選びいただけます。

上映作品

『旅するダンボール』

12/7(金)YEBISU GARDEN CINEMA/新宿ピカデリーほか全国順次公開

(c)2018 pictures dept. All Rights Reserved

予告編

公式サイト

91分/配給:ピクチャーズデプト

本イベントは、“今日より明日を良いものに”をコンセプトとした東洋経済オンラインの新イベントシリーズ「東洋経済オンライン TREND CAMP」の特別企画です。

開催日時

2018年11月27日(火)
18:30開場/19:00開映予定/21:00終演予定(上映時間91分)

会場

東京都渋谷区の試写室 ※場所の詳細は当選メールにてお知らせします。

ご招待人数

抽選70名様

応募締切

2018年11月19日(月)

応募条件

  • 当選の皆さまには、11月21日(水)前後に登録メールアドレス宛にメールで連絡いたします。このメールをもちまして当選発表に代えさせていただきます。
  • 関係者各位のご応募は抽選対象外となります。
  • 本キャンペーンは(株)東洋経済新報社による提供です。